iPhone修理の正規店と非正規店の違い

iPhone修理を依頼する場合、正規店と非正規店がありますが、どう違うのか? - iPhone修理の正規店と非正規店の違い

iPhone修理情報サイト

アーカイブ

更新情報

iPhone修理の正規店と非正規店の違い

ykuylif
iPhoneが壊れたら慌ててしまいますが、もし壊れてしまったら、正規店、非正規店、どちらに修理を依頼するのがいいのでしょうか?

町田にも非正規店はありますが違いについて見ていきましょう。

iPhone修理が必要になるケース

例えばですがガラスが割れてしまった、バッテリーが充電をしてもいっぱいにならないなど、突然このようなことになった場合に、すぐにでも対応してくれるお店があると安心ですね。正規の修理店以外の非正規修理店と言われている場所も増えつつあります。アップルストアなどは正規修理店なので、修理をしてもらうのにとても時間がかかったりするのですが、非正規の場合はそれほど時間もかからずに順番待ちもないようですので、急いでいるときには便利かもしれません。しかし非正規店と聞くだけで少し胡散臭いイメージが有るかもしれません。ですから正規店の方がいいのではないかと思っている人も多いでしょう。

この二つの違いについて

何が違うのか、それを理解しておけば胡散臭さも感じることはありませんし、安心して利用することができるのではないでしょうか。大きな違いは、やはりメーカーが認めているかどうかです。正規店の場合には、純正の部品を使って修理をしてくれますが、そうではない純正ではない修理の部品を使用することも違いです。純正が必ずしもいいのあといえば、そうでもありません。純正ではなくても修理することは可能です。純正をなぜ使わないのか、その理由は、iPhoneは世界中で使われている画一されている製品なので、部品が一緒で安い値段で流通しています。正規店だけでなく他でも安い部品を調達することが可能なので、さらに修理を安くすることができるのです。

非正規店の修理技術について

これから利用する人はなにが心配か、それは非正規店の修理技術ではないでしょうか。修理の腕が同じなら値段も安いのでお願いしたいという心理になります。後発の修理店の多くが、先発の修理店に習う形で技術を身につけていることが多いようです。そして先発の技術店は、アメリカなどの修理工場に情報を公開してもらったり、アメリカへ行って技術を習得しているというところもあるようですので、これは様々です。どちらもしても非正規店では、メーカーからの正規店の修理マニュアルをもらっているわけではないので、あくまでも修理をする技術を身につけているだけで、正規店と全く同じ修理の方法を習得しているというわけではありません。しかし新しい修理店はどんどんできているのです。修理店は増え続けていますが、修理の実績があるところなら安心して利用することができるでしょう。

運営履歴が重要

これまでにどれだけのiPhoneを修理してきたのか、これはとても重要です。なかなか新しいお店に依頼するというのは勇気がいるものです。新しいお店だとまだそれほど修理の経験も浅いですので、やはり長いあいだたくさんのアイフォンの修理をしてきた修理実績があるお店の方が安心できると言えるかもしれません。

正規店と非正規店の質の差について

これも頼む側としては気になるところだと思いますが、修理のクオリティについては作業内容的には正規店でも非正規店でも変わらないと言えるでしょう。しかしお店によってそれぞれ修理の経験や実績が左右しますので違いはあるかもしれませんので、先ほど同様にたくさん経験があるお店を選んだほうが間違いないことは確かです。

非正規店を選んだ場合のメリット

正規店ではなくて、非正規店を選んだ場合のメリットについてここでは見ていきましょう。正規店は待ち時間が長いことで知られていますし、修理については順番待ちが発生しているのですが、それがないことが特徴です。すぐに対応してもらえます。

正規店、非正規店どちらを選ぶかしっかり検討して選びましょう。
iPhone修理ならiPhone、iPad、Android修理のモバイルフォンプロテクター
■http://mobilephoneprotector.jp/

Copyright(C)2015iPhone修理の正規店と非正規店の違いAll Rights Reserved.